バイアグジェネリック品のカベルタの安全性とは

医薬品には「先発医薬品」と「後発医薬品」があります。
文字通り、先にできた医薬品と後にできた医薬品ということですが、先発医薬品は新薬のことを指し、後発医薬品はジェネリック医薬品のことを指しています。
新薬は10年~15年、約500億円の費用をかけて開発されます。
薬の有用成分となる物質の発見と研究から始まるので、その道は平坦ではありません。
また、新薬となり得る医薬品ができたら臨床試験・非臨床試験を得て、薬の有用性が確認できたら厚生労働省へ認可申請を出し、認可されたものだけが市場に出回るようになります。
このように多大な労力と費用がかかってようやく一つの医薬品が誕生するわけですね。
これが先発医薬品です。
先発医薬品には、開発社の権利保持のため医薬品に特許が設けられています。
医薬品の成分に対する成分特許、製造方法に対する製法特許の2つがあり、この特許が継続している期間中は開発社しか製造・販売することができません。
もちろん、特許費用を開発社へ支払えば他の製薬会社が同じ薬を造ることは可能ですが、特許はずっと続くものではなく20年から最長でも25年とされています。
いずれにしてもこの特許期間が切れたら開発社以外の製薬会社が特許費用を支払う必要なく、同じ成分と製法で医薬品を造ることが許可されますので、基本的には他の製薬会社は先発医薬品の特許が切れるまで待っているというのが普通でしょう。
そして、ここで誕生するのが後発医薬品となります。
ちなみに、先発医薬品の商標名は使うことができないので、後発医薬品では別の商標名になっています。
そういう意味では、先発医薬品と後発医薬品は違う意医薬品として捉えられていますが、作用と効果は同じ薬になるわけですね。
しかし、何故このような形で医薬品が出回っているのでしょうか。
その理由の一つに患者さんの医療費負担軽減の目的があります。
先発医薬品は先述したように多大な費用が掛かっているので、その費用回収のためにも薬価がどうしても高くなってしまいます。
となると、経済的にその医薬品での治療が難しいという人も出てきてしまうでしょう。
そこで後発医薬品を製造することで、同じ効果を持つ医薬品でも薬価を抑えたものを提供して、経済格差に関係なく多くの患者さんに十分な治療を受けてもらおうということになっています。
後発医薬品の日本での普及は約40%ですが、アメリカと比較してみると20%もの差が生じてきており、日本での後発医薬品の認知度があまり高くないことがうかがえますね。
しかし、個人輸入のニーズの高まりと同時に一部の間では後発医薬品に注目している人も少なくありません。
中でもカベルタは、バイアグラの後発医薬品としてED患者の男性の中では広く認知され始めています。
後発医薬品の特徴から分かるように、バイアグラと同じ品質、作用、効果があり、その上薬価が安いということで多くの男性がバイアグラに代わって利用しているED治療薬です。
安全性は保証されていますので、安心して使ってもらえるでしょう。

Comments are closed.