カベルタを利用して格安でED治療

シルデナフィルクエン酸塩を主成分とするカベルタは、バイアグラのジェネリックです。
インドのRanbaxyLaboratories社で製造されており、ED治療のクリニックのホームページでも紹介されているED治療薬です。
バイアグラと同じ成分なので、用法・用量もまったく同じとなります。
カベルタの入手ルートは、個人輸入代行サイトのみとなっております。
1箱8錠入りとなっており、1箱単位での発注となります。
1箱タイプの価格で2,000円程度なので、1錠あたり約250円となっています。
医療機関で処方を受けるバイアグラの場合ですと、1,000円~1,500円くらいなので、4~6分の1の価格で入手できてしまうのです。
さらに複数箱で購入すると割引率が高くなり、1錠150円くらいになります。
100mgタイプの錠剤でこの価格ですから、2分割して飲めばさらに半値になります。
日本のバイアグラには100mgタイプはなく、25mgと50mgのみです。
ほとんどの方は50mgを使用していますので、カベルタの100mgを2つに割って飲んでもかまいません。
錠剤タイプの薬なので、分割して飲んでも効果には違いがありません。
EDにお悩みの方は、クリニックで検査を受けてEDの原因を特定しましょう。
泌尿器科、内科、精神科、心療内科で治療を受けることができます。
ED治療は薬を服用するだけでなく、原因を解消する対策も並行していきます。
高血圧を治療するためには、降圧剤を飲みながら減塩生活をする必要があるでしょう。
薬の服用+生活習慣の改善によって治療していく必要があるため、EDも生活習慣病の一種と考えてください。
喫煙に関しては、医師からはっきりと禁煙したほうがよいと伝えられるはずです。
タバコに含まれるニコチンは血管に悪く、特に毛細血管を収縮させて流れを悪くします。
喫煙量が増えている男性は、ストレスも増幅している可能性が高いので、ストレス解消も心がけてみましょう。
EDの原因にはストレス、うつ、性格などが関係しています。
ストレスを感じやすい人、失敗をいつまでも引きずる人、気持ちの切り替えが苦手な人、仕事でのミスが多い人、パートナーとの関係がうまくいっていない人、などは注意が必要でしょう。
神経質、几帳面、まじめといった性格面もEDに影響しますので、頑張りすぎず、いい意味で適当な生活を心がけてください。
カベルタを飲まれる方は、アルコールを適量に抑えておきましょう。
アルコールは少量であれば心身をリラックスさせ、性的興奮を高めてくれる作用がありますが、飲みすぎると逆効果になります。
また、カベルタによる作用で、アルコールの周りが早くなりますので、いつもと同じ量の飲酒でも酔いやすくなりますので、様子を見ながら少しずつ飲まれるといいでしょう。
アルコール依存の方は、肝臓機能の低下によって、性欲が減退することがありますので、可能であれば禁酒、それが無理でも節酒はするべきでしょう。

Comments are closed.